Caffe Cuore
代官山に2006.12.23オープン                    カフェ&ライブのお店【カフェ・クオーレ】のBLOG
プロフィール

caffe cuore

Author:caffe cuore
コーヒーについてやミュージシャンのライブ情報など、クオーレの日々を気ままに書いていきます



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント終了!!
花巻のマラソン大会のイベントが終了しました!

小学生からご年配の方まで、多数のお客さんが来てくれました☆
カプチーノにお絵描きしてくれたり、抹茶ラテで談笑したり、和気あいあいでとても楽しかったです。

「コーヒー苦手ですが、飲めました☆」
「どこに行ったら、また飲めるの?」
「とてもいい思い出になりました」
「このワンちゃんを描いてください」
「おいしかったっす!」

などなど、久しく忘れていたコメントの数々、本当にありがとうございます。
あー、やっぱり喜んでもらえるんだなと実感しました。
大会ではこの感じは味わえないので、ほぼ5年ぶりくらいです。
すごく懐かしかったです。

今回はマラソン大会のイベントの一環としてドリンクを無料提供することになり、ココ・デ・アエールさんから場所や材料・備品の全てを提供していただきました。
ありがとうございました!


京都のイベントは出店場所が分かりにくかったようですが、多くのお客さんに来ていただいたようです。
遠くからきてくれたコバ君もあざーす!!


スポンサーサイト
イベント
友人が、今月の19~21日、京都の「清水焼の郷まつり」にコーヒーブースを出します。
豆はCaffeCuoreのコロンビア・スプレモのダブル焙煎です!!
香ばしい薫りで来客者が釘付けになります(予定)。

400杯を全てハンドドリップで抽出するそうなので、
京都近くにお住まいの方はぜひ寄ってみてください!

http://www.kiyomizuyaki.or.jp/




また、岩手でも今月21日11:00~12:00にプチイベントがあります。
花巻マラソンに合わせて、花巻温泉のギャラリー「ココ・デ・アエール」で、
「ラテアート体験コーナー」を出します。
http://cocodeayell.blog.fc2.com/

101028_1337~01

なんと、無料です!!

4年ぶりくらいで、クオーレ店長が人前に出て、オロオロします。
家庭用マシン(デロンギ:EC200、エレクトロラックス:NOVA)で抽出、スチーム、ラテアートをします。
デザインカプチーノにチャレンジしてもよいですし、ラテアートのデモンストレーションもします。
マシンの持ち込みも歓迎です。

興味のある方は、一緒に楽しみましょう☆

※先着20名限定なので、予約いただけると安心です。
クオーレ店長までご連絡ください。
sato@caffe-cuore.com


デロンギ EC200
TS3V0029 (2)

新しいマシンを購入しました!
デロンギ EC200です。かれこれ、家庭用マシンも5台目になります。
最近、このマシンに関する問い合わせが増えたので、やはりいじってみる必要がありそうだと感じていました。

このマシンの最大の弱点は、ノズルについているミルクフォーマーをはずしてスチームできないことです。
デバイスなどははずすことができるので、業務用マシンのような対流をおこすことができるのですが、このタイプは対流を起こすのが難しいです。

ショットは高いレベルのものが抽出できます。素晴らしい!
パーツの耐圧性が高いので、クレマエンハンサーなどのお助けパーツを使わずに実力で分厚いクレマを出すことができます。ただ、適正メッシュがかなり小さいので、対応できるグラインダーは限られます。


写真は最近開発した練習ラテです。

ショットの代わりに、30mlのお湯に、耳かき一杯ほどのコーヒー粉を混ぜます。
ミルクは水で4倍に薄めています。

すると、一杯の練習代が10円ほど!!!!
なんと100杯練習しても1000円にしかなりません。
しかも、写真のとおりラテアートの出来不出来がはっきり分かります。

ミルクフォーマーも慣れれば面白いですね。
キメの粗さはありますが、たたいて回せばリーフやチューリップはもちろん、ロゼッタまでいけました。

詳細については後ほどアップします!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。